メニューの終端です。

滋賀県希望が丘文化公園の概要

1 財団の目的

(公財)滋賀県希望が丘文化公園は、優れた自然環境を保護し活用して、県民に憩いの場を提供すると共に、青少年の健全育成や生涯学習活動についての推進、スポーツの振興を図ることによって、県民の心豊かで健やかな生活と個性豊かで活力ある滋賀の実現に寄与していくことを目的としています。

2 基本理念

県において平成30年3月に策定された「希望が丘文化公園基本計画」に基づいて、『人と人』『人と自然』の関わりを深め、心の豊かさを育む公園」を基本理念とし、

  1. 希望が丘文化公園の機能を知り利用する
  2. みんなで希望が丘文化公園を育てる
  3. みんなで希望が丘文化公園を発信する

この3つの将来像の実現を図っていきます。

3 公園ビジョン

希望が丘文化公園は、木々の緑や太陽の光、清らかな空気が訪れる人たちに安らぎを与え、自然を忘れがちな私たちの心のふるさととして、また、明日への活力を与えてくれる場として、将来にわたり守り育てていかねばならない滋賀の財産です。

この恵まれた自然の中で息づくものを守り、様々な体験活動を支援するとともに、主体的、継続的な環境保全に努め、あらゆる環境負荷の低減を図りながら、地域社会に貢献できる公園を目指さなければなりません。

より身近な憩いの場として、地域の活気を創出するために、人や環境への配慮を高めます。
また、活動を継承する人材を育成し、幅広い来園者との連携・協働など、県民を巻き込んだ取り組みにより、100年先にも誇れる公園づくりを推進します。

4 公園の使命(ミッション)

(1)自然と人との共生

希少生物の保護や広大な森林の保全に的確に対応するなど、豊かな自然を保護、活用し、多くの来園者が自然の恵みを享受することにより、逞しい人間力を育む公園として、100年後も栄える滋賀のもりづくりに貢献する。

(2)教育的機能の発揮

スポーツ、宿泊、野外活動、その他の施設を活用して、あらゆる年代の人々の共同宿泊活動や野外活動、スポーツ活動を促進し、これらの活動から得られる社会性や創造性などを高めることにより、100年後も栄える滋賀のひとづくりに貢献する。

(3)ふれあい公園の創出

来園者の誰もが憩い、楽しみ、交流・交歓できる空間の創出や行事の実施など、“ふれあいの場”を提供することにより、笑顔が溢れる豊かな人間性を育てる公園として、100年後も栄える滋賀の活力づくりに貢献する。

(4)誰もが納得できる公園の管理運営

長年の管理運営の実績を活かし、来園者はもとより公園設置者、公園管理者の誰もが納得のできる質の高いサービスを提供し、大切な県民の財産として100年後も誇れる管理運営を行う。

(5)来園者を優しく見守る公園の管理運営

長年の管理運営の実績を活かして、常に来園者の立場に立った安全性や利便性を追求し、来園者を優しく見守る公園として、管理運営を行う。

5 公園のあゆみ

クリックして、PDFにてご覧ください。

滋賀県希望が丘文化公園の概要

ページの先頭へ